びろーどの猫の部屋

はじめに・・・

一人で遊んでばかりいた子供時代から時々家でお菓子作りをしていました。今でも大切にとってあるお菓子の本が原点となって、びろーどの猫のレシピ集につながっています。

言葉を発せない症状により、幼少期から中学生まで過ごし、高校から少しずつ声を出せるようになり、

荒療治でパン屋さんやニューヨークデリのカフェでバイトしているうちに趣味でお菓子やパン作りにはまっていきました。

その後体調崩したのち、専門学校でwebデザインを学びデザイナーの仕事を数年とオフィスワークを経て

6年前に素晴らしいガスオーブンに出会い、製菓製パンを再開しました。

2018年からお店を開く場所を探し始めました。
地方の別荘地を探したり、キャンピングカーを改造してお店を始めようと思っていたところ、主人が見つけてくれた国立の商店街に出会いました。
多摩地区が生まれ育った故郷ということもあり、いつか多摩に戻りたいと思っていたところでした。

2020年からコロナが流行り始めてどうなることか不安ばかりでしたが、細々と少ない曜日で短時間の営業をしています。


店名の由来:

店名の原点は日本映画を観ていてビロードのような猫だというセリフがあり、同じ毛並みの飼い猫から着想を得ました。
また、或る日飲んだ珈琲が「ベルベットのような滑らかさ」と表現されていたことも決め手となりました。
写真があまり得意じゃないのであまり登場しませんが、時々ブログに顔を出します。

ねこcatにゃんこ

社交不安障害の症状により接客業で人前に出続けることが難しく、週3しか営業できません。
こんなこと書いておきながら、今では会話できます。

おばあちゃん猫を自宅で飼っています🐱💕

カフェに猫はいないけれどお茶でも飲みにふらっとお運びください☕️
甘さ控えめで和みのケーキをお供に。

>

OPEN :2:00 pm - 6:00 pm

定休日:月・水・木・日

テラス席もご利用くださいませ

error: Content is protected